アンエアンがどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。これだけ人気が出た理由としてアンエアンの成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。今回はアンエアンに含まれる人気成分のうちグリチルリチン酸2Kについて解説します。

アンエアンと言えばグリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2K
アンエアンは敏感肌症状の改善が期待できるグリチルリチン酸2Kを配合して作られています。中でもアンエアンはシミ対策美容液の中でも、グリチルリチン酸2Kを最高水準で配合しています。

 

グリチルリチン酸2Kって何?

グリチルリチン酸2Kの存在は聞いたことがあっても、実際にどんな特徴を持っているのかしらない人も多いのではないでしょうか?

 

グリチルリチン酸2Kとは、甘草の根茎または根から抽出したグリチルリチン酸を、水に溶けやすくした成分です。グリチルリチン酸2Kとして、抗炎症・抗アレルギー・敏感肌症状の改善などの作用があり、ニキビや肌荒れケア用の医薬品や化粧品など幅広く使用されています。

 

グリチルリチン酸2Kってなに?どれくらい凄いの?

グリチルリチン酸2K
グリチルリチン酸2Kは甘草の根茎または根から抽出したグリチルリチン酸を、水に溶けやすくした成分です。抗炎症・抗アレルギー・敏感肌症状の改善などの作用があり、連続使用しても副作用がほとんど無いといわれるため、医療品・化粧品など幅広く配合されています。

 

グリチルリチン酸2Kを使った化粧品は数が限られている

グリチルリチン酸2K 化粧品
グリチルリチン酸2Kを耳にしたことある人が少ないと思います。実は、まだ市販の化粧品でこの成分を使用している化粧品は少ないのです。

 

グリチルリチン酸2Kは美容業界で注目を集めており、これからの展開に期待できる成分なのです。

 

アンエアンはグリチルリチン酸2Kだけじゃない!

アンエアンにはグリチルリチン酸2K以外にも高級な成分が使用されています。

 

Webサイトを見るとアルブチンやL-アスコルビン酸2-グルコシドが含まれていることが分かります。どちらにもメラニン合成抑制効果があり、L-アスコルビン酸2-グルコシドにはさらにコラーゲン産生促進作用もあります。
その他にも、色素沈着防止作用のあるプルーン酵素や、抗酸化作用のあるマロニエエキスなども配合されています。
このような有効成分が含まれています。

 

アンエアンって使うとどうなるの?

アンエアンを使うと、シミ、シワ、くすみなどの悩みに働きかけてくれます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

アンエアンの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。